頑張らない!でも諦めない!必死にならずにええかげん

livedoor™ブログに独自ドメインの割り当てまでのURL転送の確認

      2014/11/22

Google or AdMax Promotion(it)

livedoorのPROプラン以上では独自ドメインを利用してブログの運用をおこなうことができます。
ここではカスタムURLの変更時、サブドメイン変更時、独自ドメイン変更時と、
URLの変化と適切な転送が行われるかを確認するものです。

基本的には無料で利用できるサブドメインも有料プランで利用できる独自ドメインも、
livedoorブログ内でドメイン転送が設定され(でき)、
既存のコンテンツインデックスを損なうことなくドメインの変更を行えます。

はじめに

URLの変更やドメインの変更というと、
難しくはないのですが、非常に気を遣う作業です。

サーバの仕様やブログの制限によって思っていたことができなかったりする場合もありますので、
ここでは実際にlivedoorブログでURLの変更やドメイン変更を行って確認をしています。

制限事項

なお、本投稿で利用している「http://www.adsenser.info/」ドメインは、
最終的にlivedoor外部のサーバ(WordPress)に対して転送を行って、
livedoorからの引っ越しの検証を行う予定でいます。

その為、以下URLがliveddorブログではなくWordPressに対して、
転送される場合があることをご了承下さい。

また最終的にはlivedoorブログの有料プランの解約も視野に入っています。
その為、現在有効なリンク先も適切に参照できなくなる恐れもあります。

個別記事のURL形式と転送

個別の投稿のURLでは原則投稿時に生成されたURLを変更されることはありません。

A.個別記事

初期投稿

archives/{$ARTICLE_ID$}.html

A-1:http://blog.livedoor.jp/algorhythnn-pro/archives/1001718113.html

カスタムURL変更

archives/{$ARTICLE_ID$}-s2.html

A-3:http://blog.livedoor.jp/algorhythnn-pro/archives/1001718166-s2.html

カスタムURL変更後の「過去のURLにも適用する」実行

※個別記事に対しては「過去投稿のURLにも適用する」は選択できません。
一度作成されたURLは変更されることはありません。(記事投稿画面にて個別に変更した場合を除く)

archives/{$ARTICLE_ID$}-s3.html
A-1:OK
A-3:OK

サブドメイン適用:http://domain.publog.jp/

A-1:OK
A-3:OK

サブドメイン適用後投稿

A-5:http://domain.publog.jp/archives/1001718363-s3.html

独自ドメイン適用: http://www.adsenser.info/

A-1:OK
A-3:OK
A-5:OK

独自ドメイン適用後投稿

A-7:http://www.adsenser.info/archives/1001753702-s3.html

リダイレクトの検証結果

個別投稿においては一度作成時に決定したURLの変更は、
投稿画面から変更することがない限りは変更されません。
その為、カスタムURLの変更などの影響は受けません。

またサブドメインへの変更、独自ドメインへの変更などを行った場合にも正しくリダイレクトが行われます。

今回の場合で言えば以下のようなリダイレクトが発生しています。

http://blog.livedoor.jp/algorhythnn-pro/ (標準)

http://domain.publog.jp/ (サブドメイン)

http://www.adsenser.info/ (独自ドメイン)

livedoorブログでは転送設定が行えますが、現在の転送設定は以下のようになっています。

01_ドメイン転送設定

ドメイン転送設定

その為、ブログを新規に作成した際に適用される標準URLからの転送設定は自動で行われています。

curlによる転送の確認

http://blog.livedoor.jp/algorhythnn-pro/ → http://www.adsenser.info/

301による恒久的転送が行われています。

http://domain.publog.jp/ → http://www.adsenser.info/

301による恒久的転送が行われています。

このようにして各投稿に関してはカスタムURLの変更が発生しないこともあり、
URLをサブドメインや、独自ドメインに途中から変更しても安心して運用が行えます。

ただし、その他のページタイプではカスタムURLの変更に「過去投稿のURLにも適用する」が利用できます。
利用できますが、変更を行うと元のURLが無効になってしまうタイプの投稿もあります。

サブドメインや独自ドメインの変更のように安心して変更を行うことは避けたほうがいいでしょう。
カスタムURLの決定は最初の投稿を開始する前に行うことが重要です。

ブログ内URL転送例(*1)

万が一にも個別にURLを変更する際には、
livedoorブログでは個別のURL転送を100個まで指定することができます。

02_ブログ内URL転送の設定例

ブログ内URL転送の設定例

03_ブログ内URL転送の設定

ブログ内URL転送の設定

このように個別のURL転送設定を行うことで、以下のその他のアーカイブ形式のページで、
URL転送がうまくいかない場合に転送を指定することができます。

その他のアーカイブURL形式と転送

B.カテゴリアーカイブ

カテゴリアーカイブでは投稿に付与したカテゴリ名からカテゴリ別の投稿を表示することができます。
このカテゴリアーカイブでは「ブログ内URL形式」を投稿後に変更した際にも、
旧URLのアクセスを適切にリダイレクトして表示が行えます。

初期投稿

archives/cat_{$CATEGORY_ID$}.html
B-1:http://blog.livedoor.jp/algorhythnn-pro/archives/cat_284093.html
B-2:http://blog.livedoor.jp/algorhythnn-pro/archives/cat_284094.html

ブログ内URL形式(カスタムURL)変更

archives/cat_{$CATEGORY_ID$}-s2.html
B-3:http://blog.livedoor.jp/algorhythnn-pro/archives/cat_284097-s2.html
B-4:http://blog.livedoor.jp/algorhythnn-pro/archives/cat_284098-s2.html

カスタムURL変更後の「過去のURLにも適用する」実行

archives/cat_{$CATEGORY_ID$}-s3.html
B-1:OK
B-2:OK
B-3:OK
B-4:OK

サブドメイン適用:http://domain.publog.jp/

B-1:OK
B-2:OK
B-3:OK
B-4:OK

サブドメイン適用後投稿

B-5:http://domain.publog.jp/archives/1001718363-s3.html
B-6:http://domain.publog.jp/archives/cat_284104-s3.html

独自ドメイン適用: http://www.adsenser.info/

B-1:OKhttp://www.adsenser.info/archives/cat_284093-s3.html
B-2:OK http://www.adsenser.info/archives/cat_284094-s3.html
B-3:OK (http://www.adsenser.info/archives/cat_284097-s3.html
B-4:OK (http://www.adsenser.info/archives/cat_284098-s3.html
B-5:OK (http://www.adsenser.info/archives/cat_284103-s3.html
B-6:OK (http://www.adsenser.info/archives/cat_284104-s3.html

独自ドメイン適用後投稿

B-7:http://www.adsenser.info/archives/cat_285362-s3.html
B-8:http://www.adsenser.info/archives/cat_285363-s3.html

C.月別アーカイブ

月別アーカイブでは投稿を行った年月別で投稿を表示することができます。
この月別アーカイブでは「ブログ内URL形式」を投稿後に変更した場合は、
旧URLのアクセスはリダイレクトされず、404エラーとなります。
適宜、ブログ内URL転送(*1)を設定する必要があります。

なおサブドメイン、独自ドメインの設定によるリダイレクトは行われます。

初期投稿

archives/{$YYYY$}-{$MM$}.html
C-1:http://blog.livedoor.jp/algorhythnn-pro/archives/2014-01.html

※このURLは(*1)にて個別にURL転送が設定されているため実際には転送されます。

http://blog.livedoor.jp/algorhythnn-pro/archives/2014-01.html

http://www.adsenser.info/archives/2014-01-s3.html

ブログ内URL形式(カスタムURL)変更

archives/{$YYYY$}-{$MM$}-s2.html
C-3:http://blog.livedoor.jp/algorhythnn-pro/archives/2014-02-s2.html

カスタムURL変更後の「過去のURLにも適用する」実行

archives/{$YYYY$}-{$MM$}-s3.html
C-1:404Error
C-3:404Error

サブドメイン適用:http://domain.publog.jp/

(上記に同じ)

サブドメイン適用後投稿

C-5:http://domain.publog.jp/archives/2014-03-s3.html

独自ドメイン適用: http://www.adsenser.info/

C-1:404Error (http://www.adsenser.info/archives/2014-01.html)
C-3:404Error (http://www.adsenser.info/archives/2014-02-s2.html)
C-5:OKhttp://www.adsenser.info/archives/2014-03-s3.html

独自ドメイン適用後投稿

C-7:http://www.adsenser.info/archives/2014-04-s3.html

D.日別アーカイブ

日別アーカイブでは投稿を行った日別で投稿を表示することができます。
この日別アーカイブでは「ブログ内URL形式」を投稿後に変更した場合は、
旧URLのアクセスはリダイレクトされず、404エラーとなります。
適宜、ブログ内URL転送(*1)を設定する必要があります。

なおサブドメイン、独自ドメインの設定によるリダイレクトは行われます。

初期投稿

archives/{$YYYY$}-{$MM$}-{$DD$}.html
D-1:http://blog.livedoor.jp/algorhythnn-pro/archives/2014-01-30.html

ブログ内URL形式(カスタムURL)変更

archives/{$YYYY$}-{$MM$}-{$DD$}-s2.html
D-3:http://blog.livedoor.jp/algorhythnn-pro/archives/2014-02-28-s2.html

カスタムURL変更後の「過去のURLにも適用する」実行

archives/{$YYYY$}-{$MM$}-{$DD$}-s3.html
D-1:404Error
D-3:404Error

サブドメイン適用:http://domain.publog.jp/

(上記に同じ)

サブドメイン適用後投稿

D-5:http://domain.publog.jp/archives/2014-03-30-s3.html

独自ドメイン適用: http://www.adsenser.info/

D-1: 404Error(http://www.adsenser.info/archives/2014-01-30.html)
D-3: 404Error(http://www.adsenser.info/archives/2014-02-28-s2.html)
D-5: OKhttp://www.adsenser.info/archives/2014-03-30-s3.html

独自ドメイン適用後投稿

D-7:http://www.adsenser.info/archives/2014-04-16-s3.html

 

E.タグ別アーカイブ

タグ別アーカイブでは投稿をに付与したタグ別で投稿を表示することができます。
このタグ別アーカイブでは「ブログ内URL形式」を投稿後に変更した場合は、
旧URLのアクセスはリダイレクトされず、404エラーとなります。
適宜、ブログ内URL転送(*1)を設定する必要があります。

なおサブドメイン、独自ドメインの設定によるリダイレクトは行われます。

初期投稿

tag/{$TAG$}.html
E-1:http://blog.livedoor.jp/algorhythnn-pro/tag/%E5%88%9D%E6%9C%9F%E3%82%BF%E3%82%B0.html
E-2:http://blog.livedoor.jp/algorhythnn-pro/tag/first_tag.html

ブログ内URL形式(カスタムURL)変更

tag/{$TAG$}-s2.html
E-3:http://blog.livedoor.jp/algorhythnn-pro/tag/%E3%82%AB%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%A0URL%E3%82%BF%E3%82%B0-s2.html
E-4:http://blog.livedoor.jp/algorhythnn-pro/tag/custom_url_tag-s2.html

カスタムURL変更後の「過去のURLにも適用する」実行

tag/{$TAG$}-s3.html
E-1:404Error
E-2:404Error
E-3:404Error
E-4:404Error

サブドメイン適用:http://domain.publog.jp/

(上記に同じ)

サブドメイン適用後投稿

E-5:http://domain.publog.jp/tag/%E3%82%B5%E3%83%96%E3%83%89%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%B0-s3.html
E-6:http://domain.publog.jp/tag/sub_domain_tag-s3.html

独自ドメイン適用: http://www.adsenser.info/

E-1:404Error(http://www.adsenser.info/tag/%E5%88%9D%E6%9C%9F%E3%82%BF%E3%82%B0.html)
E-2:404Error(http://www.adsenser.info/tag/first_tag.html)
E-3:404Error(http://www.adsenser.info/tag/%E3%82%AB%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%A0URL%E3%82%BF%E3%82%B0-s2.html)
E-4:404Error(http://www.adsenser.info/tag/custom_url_tag-s2.html)
E-5:OKhttp://www.adsenser.info/tag/%E3%82%B5%E3%83%96%E3%83%89%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%B0-s3.html
E-6:OKhttp://www.adsenser.info/tag/sub_domain_tag-s3.html

独自ドメイン適用後投稿

E-7:http://www.adsenser.info/tag/%E7%8B%AC%E8%87%AA%E3%82%BF%E3%82%B0-s3.html
E-8:http://www.adsenser.info/tag/org_tag-s3.html

F.投稿者別アーカイブ

投稿者別アーカイブでは投稿をに付与した投稿者別で投稿を表示することができます。
この投稿者別アーカイブでは「ブログ内URL形式」を投稿後に変更した場合は、
旧URLのアクセスはリダイレクトされず、404エラーとなります。
適宜、ブログ内URL転送(*1)を設定する必要があります。

なおサブドメイン、独自ドメインの設定によるリダイレクトは行われます。

※申し訳ありませんが、ここでは複数のユーザーによる確認は行っていません。
その為、唯一のユーザーを対象に投稿者別アーカイブページで確認しています。

初期投稿

author/{$AUTHOR_ID$}.html
F-1:http://blog.livedoor.jp/algorhythnn-pro/author/algorhythnn

ブログ内URL形式(カスタムURL)変更

author/{$AUTHOR_ID$}-s2.html
F-2:http://blog.livedoor.jp/algorhythnn-pro/author/algorhythnn

カスタムURL変更後の「過去のURLにも適用する」実行

author/{$AUTHOR_ID$}-s3.html
F-1:404Error
F-2:404Error

サブドメイン適用:http://domain.publog.jp/

(上記に同じ)

サブドメイン適用後投稿

F-5:http://domain.publog.jp/author/algorhythnn-s3.html

独自ドメイン適用: http://www.adsenser.info/

F-1:404Error(http://www.adsenser.info/author/algorhythnn)
F-2:404Error(http://www.adsenser.info/author/algorhythnn)
F-5:OKhttp://www.adsenser.info/author/algorhythnn-s3.html

独自ドメイン適用後投稿

F-7:http://www.adsenser.info/author/algorhythnn-s3.html(変更なし)

プロモーション(btm)

Google or AdMax Promotion (it)

さいごに

このようにしてURLの形式やドメインを変更していくと正しくリダイレクトされるものと、
リダイレクトされずエラーになってしまうものがあることが分かります。

ブログ内URL形式(カスタムURL)の変更はどんなCMSでも、
基本的には公開後に変更しないというのが一般的だとはおもいますが、
変更を余儀なくされてしまった場合にも、あらかじめ元のURLから
個別に転送を設定することで、変更すること自体は可能です。

投稿の数にもよりますが、どうしても必要な場合には影響度を理解したうえで対応されるといいでしょう。


*本ページ内に記載されされた各社ブランド、サービス名、商標、登録商標については、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認ください


最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン


役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

QRコードからもこのURLを開けます。

Pitta Promotion

アイキャッチ画像に利用させて頂いております、各社ブランドのロゴやシンボルに関しては、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認頂けますようお願い致します。
ロゴの使用等に関する苦情・ご意見等がございましたら管理者までご連絡ください。

AdMax Promotion

カテゴリ
すべて展開 | すべて省略

Rakuten Promotion

 - livedoorブログ

  関連記事