頑張らない!でも諦めない!必死にならずにええかげん

livedoor™ブログの個別記事を外部サイト(WordPress)へ転送(スマホ)

      2014/11/22

Google or AdMax Promotion(it)

livedoorブログを利用していて既存のコンテンツを転送する場合には、
PC向けサイトだけでなくスマートフォン向けのページに対しても転送を考慮する必要があります。
ここではスマートフォン向けのページの転送を行う方法をご紹介します。

livedoorブログの制約

livedoorブログの仕様的制約でスマートフォン向けのテンプレートを修正することはできません。
その為、カスタマイズを行う方法としてレイアウトに対してパーツを追加する方法がありますが、
スマホ向けの「フリーエリア」では外部リンクを含むタグは無効になります。

外部リンクという意味では<meta>タグの利用も無効となってしまいます。

スマホ向けに対して各投稿ごとにmetaタグを定義する

上記の制約から、スマートフォン向けの転送では、
投稿個別にmetaタグを指定する方法しか有効な方法が見当たりません。

その為、記事個別に対して、移行先のURLをmetaタグにて記載することになります。

こうした制約をあえて設けているところが、無料サービスの痛いところです。

個々に手作業

こうしたmetaタグの記載は一つ一つ投稿を開いて個々に作業をしてゆく必要があります。
記事が多い場合には、非常に面倒な作業です。

また、この転送の記述を行う場合にはheadタグ内に対してmetaタグを記述することはできませんので、
あくまでも暫定的な逃げの処置になってしまいます。

その為、PCからの表示でリダイレクトする際には、
テンプレートから設定したheadタグ内のmetaタグで転送をおこなっておき、

スマートフォンからのアクセスの場合には、
個別記事内の本文に記述したmetaタグで転送するという二重記述するほうが安全ではないかと思います。

なお、本文内に対してmetaタグを記述する際には、
編集モードをシンプルテキストモードに変更したうえで作業を開始する必要があります。
※プレビューモードにてmetaタグを設定した時点で編集ページが転送され確認できなくなります。
詳細は以下でご紹介しています。
livedoorブログでmeta http-equiv=”refresh”の指定して編集できなくなった場合

作業手順

まず、上記のエディタモードが変更されているという前提で作業に入ります。

転送を行いたい投稿を開きます。

01_記事の編集

記事の編集

投稿を開いたら、以下のようにmetaタグを投稿本文の最初に記述します。

上記の記載で「content=”0;」の部分では0秒を指定しています。
ページにアクセスされた際に、待ち時間なして、あとに指定したURLへ転送するという指定です。

秒数を指定すると一定の秒数待ってから転送を行うことができますが、
サイトの引っ越しでは、0を指定することで301(恒久的転送)として、
Google検索などに意思表示ができるようですので、引っ越しの際には0を指定したほうがいいでしょう。

URL=http://newdomain.jp/newpost1/の部分は、
引っ越し先の投稿URLを指定します。
※URLは適宜実際のURLに変更してください。

設定をおこなったら[プレビュー]をクリックして、表示を確認します。
実際に転送されることが確認できたら[更新する]をクリックして反映します。

02_記事へmetaタグの指定

記事へmetaタグの指定

作業は以上で終了ですが、もしテンプレート側で既に転送処理をしている場合には、
この設定にかかわらずPCから表示した際には転送が有効になっているはずです。
livedoor™ブログの個別記事を外部サイト(WordPress)へ転送(PC)【作成中】

その場合は、スマートフォンエミュレータや実機を利用して、
スマートフォンからのアクセスで転送が行われるかを確認するといいでしょう。

サイト確認にはスマートフォンエミュレータ(Mobilizer)が便利

スマートフォンから表示して正しく転送されれば問題ないでしょう。

03_スマホエミュレータによる転送確認

スマホエミュレータによる転送確認

さいごに

無料のサービスでなければこうした面倒な制約は設けられることもないのですが、
無料サービスはコンテンツに価値がでて、ページビューも増えてきたところで、
いざ、本格的にレンタルサーバなどで運営をしようと思っても、こうした縛りがつきまといます。

そもそも無料サービスはユーザーが無料で使えるのではなく、
「タダでコンテンツを書かされている」 そんなサービスであると認識して利用すべきだと思います。

A8 Promotion


*本ページ内に記載されされた各社ブランド、サービス名、商標、登録商標については、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認ください


最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン


役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

QRコードからもこのURLを開けます。

Pitta Promotion

アイキャッチ画像に利用させて頂いております、各社ブランドのロゴやシンボルに関しては、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認頂けますようお願い致します。
ロゴの使用等に関する苦情・ご意見等がございましたら管理者までご連絡ください。

AdMax Promotion

カテゴリ
すべて展開 | すべて省略

Rakuten Promotion

プロモーション(btm)

Google or AdMax Promotion (it)

 - livedoorブログ

  関連記事