頑張らない!でも諦めない!必死にならずにええかげん

PayPal™の本人確認手続きのパスワード入力手順(ビジネスアカウント)

      2014/11/22

Google or AdMax Promotion(cdt)

PayPal™でエクスプレスチェックアウトなどの決済手段を利用する際には、
本人確認書類の提出とパスワードの入力を行う必要があります。
ここではパスワードの受け取りと入力についてご紹介します。

事前に本人確認書類の提出を済ませていること

PayPalのサイト上で本人確認書類の提出(アップロード)を済ませることで、
次のステップである転送不要郵便の発送が行われます。

まだ本人確認書類の提出がまだでしたら、以下でご紹介していますので、
手続きをされるといいでしょう。

 

本人確認書類の提出が済むと、
2~4週間以内に書留郵便にて暗証番号が送られてくるとの記載の通り、
転送不要の簡易書留にてパスワードが送られてきます。

07_書留郵便による再認証ステップへ

書留郵便による再認証ステップへ

2.アカウント取引責任者用暗証番号を入力する
  • お客さまからご提出いただいた書類を受領・確認後、約2~4週間後に転送不要書留郵便にてご登録いただいた住所に5桁の暗証番号をお送りします。
  • 暗証番号の発行から40日以内に[暗証番号を入力]をクリックして5桁の暗証番号を入力してください。入力される際は、各ボックスに1桁ずつ入力してください。

プロモーション(btm)

Google or AdMax Promotion (cdt)

書留郵便による暗証番号の入力

本人確認書類の提出を行ってからすぐに提出した書類の承認手続きが行われます。

本人確認書類の承認

2~4週間後に送られてくると明記されている簡易書留郵便については、
提出書類に問題がなければ本人確認書類の提出を行ってから、
1~2日で本人確認書類の確認完了のメールを受け取ります。

01_本人確認書類の承認完了メール

本人確認書類の承認完了メール

メールを受け取ってから1~2日ほどで以下のような簡易書留郵便が届きます。

02_本人確認簡易書留郵便

本人確認簡易書留郵便

中を開くと、パスワードが記載されていますので、PayPalの本人確認画面に入力を行います。

03_本人確認簡易書留郵便暗証番号の記載

本人確認簡易書留郵便暗証番号の記載

PayPalサイトへアクセス

簡易書留郵便を受け取ったら、PayPalのサイトへアクセスします。

マイアカウントでは以下のメッセージが表示されています。

転送不要書留郵便で暗証番号をお送りしました。こちらをクリックして5桁の暗証番号を入力してください。

04_本人確認手続き

本人確認手続き

本人確認手続きの画面が開いたら[暗証番号を入力]をクリックします。

05_暗証番号を入力

暗証番号を入力

暗証番号の入力画面が開きますので、1フィールド1文字を入力します。
入力が完了したら[確認]をクリックします。

06_5桁暗証番号の入力と確認

5桁暗証番号の入力と確認

確認が終了すると、本人確認手続きは終了です。
メッセージが以下のように表示されるようになります。

書類をアップロードいただき、ありがとうございます。お客さまの本人確認が完了しました。お客さまは、支払いの受け取りを含むすべてのビジネスアカウントの機能のご利用いただけます。

07_本人確認手続きの完了

本人確認手続きの完了

ディベロッパはここまでする必要なし

本人確認書類の提出まで済ませると、
本格的にPayPalを利用した決済の受け取りがおこなえるようになります。

これによってWebなどで決済の仕組みを導入することができるようになりますが、
Webディベロッパーなどお客様のシステムを開発するような立場の場合には、
本人確認済みの有効アカウントである必要はありません。

PayPalアカウントさえ取得していれば、PayPal Developerにて決済手段の
テスト導入と動作確認が行えます。

実際にSandboxアカウントを利用した導入は以下でご紹介しています。
WelcartプラグインへPayPal™エクスプレスチェックアウト(クレジット)決済の設定手順【作成中】

さいごに

個人事業主でも手軽にクレジット決済の仕組みを気軽に導入できる点がPayPalの大きなメリットです。

導入までの手順もWebから行えますし、Sandboxが用意されていることもあって、
開発を他社に依頼したような場合にも、開発側の負担も少なく導入が行えます。

一般的にはクレジット決済のテスト環境の準備や仕様の開示にあたっては、
システム会社とクレジット決済代行会社との間で機密保持契約書などの締結が、
必要になる場合が一般的で、PayPalほどスムーズに導入というわけにはいきません。

実店舗を利用されている場合には、
PayPal Hereでスマートフォンを利用したクレジット決済なども同じアカウントで導入ができる点もメリットです。


*本ページ内に記載されされた各社ブランド、サービス名、商標、登録商標については、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認ください


最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン


役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

QRコードからもこのURLを開けます。

Pitta Promotion

アイキャッチ画像に利用させて頂いております、各社ブランドのロゴやシンボルに関しては、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認頂けますようお願い致します。
ロゴの使用等に関する苦情・ご意見等がございましたら管理者までご連絡ください。

AdMax Promotion

カテゴリ
すべて展開 | すべて省略

Rakuten Promotion

 - PayPal ,

  関連記事