頑張らない!でも諦めない!必死にならずにええかげん

V-preca決済のPayPalでWikipediaに寄付を・・・できなかった

      2014/11/22

Google or AdMax Promotion(cdt)

はじめに

さてこれまでV-preca™とPaypal™のサービス登録を行ってきました。
Vプリカの購入から登録まで
PAYPAL利用登録
PAYPAL決済にV-PRECA利用

今回のこの割り当てたV-precaで正しく決済が可能かを、最終チェックします。
・・・と意気込んで投稿をと思いましたが、残念なお知らせです。

V-precaの利用にかかわらず、ペイパルアカウント経由での
寄付は2013/05/20時点で日本のユーザーは利用できないようです。

 

実際にペイパルアカウントにて寄付を行うと、以下のように
申し訳ありませんが、お客様が最後に行ったアクションは完了できませんでした」と
エラーが表示されてしまいます。

wikipedia-donatebypaypal_st03

これはPayPalアカウントに対してV-preca以外の
普通のクレジットカードを登録した場合であっても同様でエラーとなります。
よって、少額決済でクレジットカード情報を公開せずに、
PayPal決済を行うことは日本ユーザーではできません。


参考までにwikipedia™に対しての寄付に関しての
処理を記載しておきます。

PayPalを利用しての寄付に関しては、
2パターンが存在しており、既存のPayPalアカウントを利用し、
決済を行った場合がこれに該当します。

[amazonjs asin=”4569704026″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”日本人にはもう売るな!ネットで世界進出する方法 (PHPビジネス新書 70)”]

プロモーション(btm)

Google or AdMax Promotion (cdt)

wikipedia寄付手順

wikipediaページから寄付ページへ

wikipediaのページを開き、寄付をクリックします。
wikipedia-donatebypaypal_st07

寄付の方法の選択

寄付ページにてクレジット決済かPayPalの選択を行います。
wikipedia-donatebypaypal_st01

 

2014/07/15追記
その後、PayPal寄付ボタンが表示されないようになっています。
日本向けにPayPalによる寄付が認められていないことによる対応と思われます。
※ページの更新が遅れ申し訳ありませんでした。

01_PayPal寄付ボタン非表示化

PayPal寄付ボタン非表示化

 

PayPal経由で寄付(下)の場合

寄付の方法の選択

寄付金額の選択または、入力を行い(最低額は78円です)
「PayPal経由」で寄付ボタンをクリックします。
wikipedia-donatebypaypal_st08

PayPalアカウントにログイン

PayPalアカウント情報を入力し、ログインをクリックします。
wikipedia-donatebypaypal_st02

PayPalエラー画面の表示

前述のエラー画面が表示されます。
これはPayPalアカウントに対して、
v-precaによる登録かクレジットカードによる登録かにかかわらず、
寄付という決済目的に利用できないことによるものです。
wikipedia-donatebypaypal_st03

クレジットカード/デビットカードで寄付(上)の場合

寄付の方法の選択

寄付金額の選択または、入力を行い(最低額は78円です)
「クレジットカード/デビットカードで寄付」ボタンをクリックします。
wikipedia-donatebypaypal_st09

決済情報の入力

カード情報を入力し「続ける」をクリックします。
この際にv-precaは利用可能です。
wikipedia-donatebypaypal_st04

寄付完了画面の表示

決済が終了するとwikipediaからのお礼ページが表示されます。
wikipedia-donatebypaypal_st05

V-precaによる決済履歴表示

決済の履歴確認

wikipediaに対してv-precaにて決済を行った際には、
以下のようにv-precaカード情報として表示されます。
wikipedia-donatebypaypal_st06


このように寄付の手段として、v-precaを利用しようと思った際には、
PayPalが寄付に利用できないという制限により、
クレジットカードとして決済を行う必要があります。

ただ、この「寄付」の位置付けとして、
シェアウェアの代金として決済するなどの場合に、
どこまでが寄付になるのかが不明なところです。

そのような場合であっても、
PayPalとv-precaの2重のフィルターを設ける必要があるかという点で、
V-precaによって個人情報は決済時に必要ありませんし、
決済の金額もあらかじめチャージした金額に限られていることから、
十分な安全性を確保したまま決済が行えていると私は思います。

[amazonjs asin=”4822248151″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”電子決済ビジネス 銀行を超えるサービスが出現する”]

V-preca™、V-PreCaロゴはライフカード株式会社の登録商標(第5442227号、第5442228号)です。
PayPal™及びPayPalロゴはPayPal, Inc.の登録商標です。
第4453753号、第4731138号、第4805646号、第5147270号
PayPal Here™及びPayPal HereロゴはPayPal, Inc.の登録商標(第5565574号)です。
WikipediaはWikimedia Foundation, Inc.の国際登録商標(907474)です。

*本ページ内に記載されされた各社ブランド、サービス名、商標、登録商標については、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認ください


最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン


役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

QRコードからもこのURLを開けます。

Pitta Promotion

アイキャッチ画像に利用させて頂いております、各社ブランドのロゴやシンボルに関しては、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認頂けますようお願い致します。
ロゴの使用等に関する苦情・ご意見等がございましたら管理者までご連絡ください。

AdMax Promotion

カテゴリ
すべて展開 | すべて省略

Rakuten Promotion

 - PayPal, V-preca, wikipedia, 電子決済 , , ,

  関連記事