頑張らない!でも諦めない!必死にならずにええかげん

ブログサービスの初期状態とSEOセンス

      2014/11/22

Google or AdMax Promotion(it)

通常、こうしたブログにおいては、
成功例やうまくいった事例を投稿することが多いと思いますが、
失敗事例や成果が出る前の状態も、
ある時期の断面として残しておけることも、
こうしたCRMの利点だと思います。

※本投稿は決してSEOライクな記事ではありません。
 一旦、運営が始まってしまうと不可逆になってしまう為、
 ある時の断面として投稿しておきます。

今回はちょっと気になったGoogle検索結果についてです。
私はさまざまなブログサービスを比較しようとして、
いろいろなサービスに登録を行いました。
現在設置しているブログサービスは当サイトについてに一覧化しています。

結果的に制約を受けるシステムより制約がいかに少ないかということから、
今このブログをレンタルサーバを借り運営する決断をしています。

しかしこのレンタルサーバにCRMを設置して・・・というのは、
制約がない分、すべてを自分で設定し、管理、運営することを意味します。

これはSEO的な対策でも同じです。
現時点で私のブログ全般で共通のキーワードというと、
管理者の私の名前とサイト名くらいです。
なんせまだ始めたばかりですから^^;

というわけで、「アルゴリズン ええかげん」の
キーワードで検索してみると面白い結果が得られます。

この本店ブログがリストされていないのは、
そもそもトップページが存在していないことに起因していると思います。

トップページがないことはその他のSEO施術済みの
ブログサービスの投稿1件よりも下になる可能性があるということですね。
厳しいもんです。(いえ、ま、あとでちゃんと直しますが・・・)

各サービスに対しての現時点の投稿数はこんな状態です。

ブログサービス 投稿数
blogger支店 1
CROOZブログ支店 1
DTIブログ支店 1
exsiteブログ支店 1
FC2支店 1
gooブログ支店 1
Jugem支店 1
livedoorブログ支店 1
Seesaa支店 1
WordPress.com支店 1
Yahooブログ支店 1
yaplog支店 1
アメブロ支店 1
ウェブリブログ(biglobe)支店 10
はてなブログ支店 1
楽天ブログ支店 1
忍者ブログ支店 1
当サイト 14

普通に考えればコツコツ真面目に投稿しているサイトが、
ランク上位に表示されるのかと思いがちですが、
まったくアクティブでもない状態と言えるような、
ブログサービスが上位表示になってきます。

現時点ではまだそれぞれが初期状態に近い状態で公開されていますので、
これは各ブログサービスの持つSEOポテンシャルともとれます。

特に詳細に検証をしたわけでもないにもかかわらず、
こうした結果がでることは、ブログサービス選びにも
影響があると言わざるを得ません。

(結果表示順)※括弧内は投稿数
CROOZ(1)
ウェブリブログ(10) ・・・投稿中
Wordpress.com(1)
楽天ブログ(1)
Blogger(1)
FC2ブログ(1)
Seessaブログ(1)
Jugemブログ(1)
忍者ブログ(1)
yaplogブログ(1)
dtiブログ(1)

-以下、ランク外-
exsiteブログ支店(1)
gooブログ支店(1)
livedoorブログ支店(1)
Yahooブログ支店(1)
アメブロ支店(1)
はてなブログ支店(1)
当サイト(14) ・・・投稿中

こうした初期状態からの検索マッチが容易であることは、
自らが施さなければならないSEO施術を事前に減らしてくれて、
かつサービスの利用者が触れることのできない設定などが、
SEO的に適切に行われていることが分かります。

必ずしもこの結果がすべてではありませんし、
ランク外となったブログサービスにも、
様々な理由があることともいます。

一概にこの状態でランクが上の方がいいとは思いませんが、
こうした「何故?この状態でランクが上?」という部分には、
裏にSEO対策をしっかりとしてくれている、
運営側の努力があると思うのです。

こうした努力の結果の恩恵を、
サービスを利用するという選択をすることで、
簡単に得られる恩恵は大きいと思うのです。

検索ページ1
seo-senseof-blog-service_STEP1

検索ページ2
seo-senseof-blog-service_STEP2

*本ページ内に記載されされた各社ブランド、サービス名、商標、登録商標については、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認ください


最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン


役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

QRコードからもこのURLを開けます。

Pitta Promotion

アイキャッチ画像に利用させて頂いております、各社ブランドのロゴやシンボルに関しては、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認頂けますようお願い致します。
ロゴの使用等に関する苦情・ご意見等がございましたら管理者までご連絡ください。

AdMax Promotion

カテゴリ
すべて展開 | すべて省略

Rakuten Promotion

プロモーション(btm)

Google or AdMax Promotion (it)

 - SEO, ウェブサービス , ,

  関連記事