頑張らない!でも諦めない!必死にならずにええかげん

WordPressのアクセス解析にGoogle Analytics for WordPress_v4.3.4-プラグインを利用

      2014/11/22

Google or AdMax Promotion(it)

Google™AnalyticsをWordPressサイトに設置するにはheadタグ内に

トラッキングコードを設置するだけで動作することはご存知のことでしょう。

直接、トラッキングコードを挿入することでもGoogle Analyticsを利用することはできますが、
プラグインを利用することで様々なオプションを利用してGoogle Analyticsを利用することができます。

ここでは、Google Analytics for WordPressプラグインを利用した設置方法をご紹介します。

はじめに

サイトやブログを運営していてアクセス解析ツールの導入は必須です。
その中でもGoogle Analyticsを利用せずにサイト運営をしている方はほとんどいないのではないでしょうか。

WordPressに対してGoogle Analyticsを導入する方法は人それぞれで、
タグ挿入系プラグインで導入されたり、専用プラグインで導入されたりしていることでしょう。
Google Analytics for WordPress(by Yoast)プラグインもそんな専用プラグインの一つです。

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

環境

事前準備

使い方

プラグインのインストールから有効化は通常通りの手順で完了します。

プラグインインストール・有効化

プラグインのインストールは通常通り検索からの有効化で完了します。
「Google Analytics for WordPress」にてプラグインを検索すれば表示されます。
表示された「Google Analytics for WordPress」から[いますぐインストール]をクリックします。

01_プラグインの検索とインストール

プラグインの検索とインストール

プラグインのインストールが完了したら[プラグインを有効化]をクリックします。

02_プラグインの有効化

プラグインの有効化

プラグインを有効化すると、以下のようなメッセージが表示されます。

Google Analytics is not active. You must select which Analytics Profile to track before it can work.

サイドバーの[設定]に対して[Google Analytics]が表示されるようになります。

03_プラグイン初期設定メッセージ

プラグイン初期設定メッセージ

プラグインを有効化すると、以下のようなバルーン表示が表示される場合があります。
その際にはデータ収集に協力する場合には[Allow tracking]をクリックします。

You’ve just installed Google Analytics for WordPress by Yoast. Please helps us improve it by allowing us to gather anonymous usage stats so we know which configurations, plugins and themes to test with.

[Allow tracking] [Do not allow tracking]

(感覚訳)
Google Analytics for WordPress by Yoast. がインストールされました。プラグインの改善の為に匿名での使用統計の収集にご協力頂くことで、私たちはどのような構成、プラグイン、テーマとともにテストすべきかを知ることができます。

[トラッキングを許可する] [トラッキングを許可しない]

04_匿名統計データ提供ダイアログ

匿名統計データ提供ダイアログ

トラッキング ID設定

Google Analytics for WordPress(by Yoast)プラグインでは、
Googleアカウントの認証(アプリケーション認証)を利用した設定方法と手動設定が選択できます。

このプラグインの導入の目的はトラッキングを行うことで、トラッキングコードの出力がされれば事足ります。
以下のアカウント認証を行うと、Analyticsアカウントのプロパティーのすべてが表示され、
プルダウン選択できるようになりますが、
同時にプラグインがレポートデータの取得もできるようになるものと思われます。

OAuth1認証でどこまでのデータが取得できるのかは確かめていませんが、
レポートデータへのアクセスを許可する必要はないでしょう。

そうした意味からも、手動でトラッキングコードを設定されることをお勧めします
手動で設定する方がむしろ簡単です。

Googleアカウントの認証(アプリケーション認証)

Googleアカウントの認証(アプリケーション認証)を利用する場合には、
[Click here to authenticate with Google]ボタンをクリックすることで認証が行えます。

05_Google Analytics for WordPress Configuration

Google Analytics for WordPress Configuration

[Click here to authenticate with Google]ボタンをクリックすると、
Googleのアカウント認証画面が表示されます。
[アクセスを許可]をクリックすることでアカウントとの接続が完了します。

このアプリケーションはウェブサイトではなくパソコンで実行されるため、このアプリケーションに関連付けられた名前を Google で確認できません。このアプリケーションを信頼できる場合にのみ、アクセスを許可することをおすすめします。

Google Analytics for WordPress by Yoast が次の許可をリクエストしています:

Google アナリティクス データの表示と管理

  • 設定情報の表示と管理
  • レポートの表示
06_Googleアカウント認証

Googleアカウント認証

[アクセスを許可]をクリックすると、設定画面上で利用するGoogleAnalyticsの
プロパティー選択プルダウンボタンが表示されます。

07_Google Analyticsプロフィール選択

Google Analyticsプロフィール選択

プルダウンからこのプラグインでトラッキングした結果をレポート表示したい、
GoogleAnalyticsプロパティーを選択します。
選択が完了したら[Update Google Analytics Settings »]をクリックして保存します。

08_初期設定保存(Googleアカウント連携)

初期設定保存(Googleアカウント連携)

保存が完了するとメッセージが消え、トラッキングが開始されます。

09_初期設定完了(Googleアカウント連携)

初期設定完了(Googleアカウント連携)

トラッキングを開始するとリアルタイムレポートでアクセスを確認することができます。

10_トラッキングデータ確認(Googleアカウント連携)

トラッキングデータ確認(Googleアカウント連携)

手動設定

手動で設定を行う際には[Manually enter your UA code]にチェックを付与します。
チェックを付与するとトラッキングIDを入力するフィールドが表示されますので、
トラッキングレポートを表示したいプロパティーのトラッキングIDを設定します。

選択が完了したら[Update Google Analytics Settings »]をクリックして保存します。

11_トラッキングコード手動設定と保存

トラッキングコード手動設定と保存

設定が保存されると、メッセージが消えトラッキングが開始されます。

12_初期設定完了(手動設定)

初期設定完了(手動設定)

トラッキングを開始するとリアルタイムレポートでアクセスを確認することができます。

13_トラッキングデータ確認(手動設定)

トラッキングデータ確認(手動設定)

トラッキングの解除

設定したトラッキングIDを削除し、トラッキングを解除したい場合には、
最下部の[Reset All Settings »’]ボタンをクリックし、プラグインを初期状態に戻すことができます。

14_全設定のリセット

全設定のリセット

最近のGoogleアカウント認証の仕組みでは認証したアプリケーションの解除を行うことができますが、
このプラグインではそうした方法ではなく、認証時にアクセスキーを取得する仕組みのようです。
その為、認証済みアプリケーションの表示などは行われません。

15_Googleアカウント(アプリの管理)

Googleアカウント(アプリの管理)

設定

Google Analytics for WordPress(by Yoast)プラグインでは、
内部リンククリック時のオプションや外部リンクトラッキング、
カスタム変数の設定など様々なオプションがあるようです。

ですが、私の設定方法が根本的に違っているのか、
オプションの有効無効を切り替えた結果として想定している動作を確認できませんでした。

他の方々のサイトでも、前述したような設定のさわりに関しては記述されているものの、
オプションに関しての動作に言及されていることがほとんどありません。

同じように設定と動作の効果が確認できなかったのだろうと思います。

通常は一通りすべての機能と動作をご紹介するスタンスで記事を作成しておりますが、
このプラグインに関しては日本語環境が原因なのか、バージョンの相性なのかはわかりませんが、
他の機能のレビューが困難な状況と判断しました。

2014/02/27:追記

接続の解除

プラグインを利用する必要がなくなったような場合には、
Googleアカウントへのアクセス権を取り消すことをお勧めします。

許可の解除方法は以下でご紹介しています。
(PC)Googleアカウントで認証したアプリケーションを解除する方法

12_Google Analytics for WordPress解除

Google Analytics for WordPress解除

プロモーション(btm)

Google or AdMax Promotion (it)

さいごに

カスタマイズ機能に関してレビューは行えませんでしたが、
トラッキングコードの出力、指定ユーザー権限(管理者・投稿者など)の場合に、
トラッキングコードを出力しないといった最低限の機能は簡単に利用することができます。

基本的な機能であれば他のプラグインでも導入は可能ですので、
無理に採用する必要はありませんが、一つの選択肢としてご紹介しておきます。


WordPressはWordPress Foundation の登録商標(第5049965号)です。
WordPressロゴ、アイコンその他のマーク等はWordPress Foundation の商標であり、
WordPress Foundation の著作物です。
WordPress.comはWordPress Foundation が管理運営を行うドメインならびにサービスの名称です。

Google™はGoogle Inc. の登録商標(第4478963号及び第4906016号)です。
GoogleロゴはGoogle Inc. の国際登録商標です。
国際登録番号:881006及び926052及び1086299及び1091990及び1145934
Google AdSense™,AdSense™はGoogle Inc. の登録商標(第4899412号)です。

*本ページ内に記載されされた各社ブランド、サービス名、商標、登録商標については、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認ください


最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン


役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

QRコードからもこのURLを開けます。

Pitta Promotion

アイキャッチ画像に利用させて頂いております、各社ブランドのロゴやシンボルに関しては、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認頂けますようお願い致します。
ロゴの使用等に関する苦情・ご意見等がございましたら管理者までご連絡ください。

AdMax Promotion

カテゴリ
すべて展開 | すべて省略

Rakuten Promotion

 - Analytics, WordPress, プラグイン , ,

  関連記事