頑張らない!でも諦めない!必死にならずにええかげん

Google™AdSenseと他社広告の共存は問題ない

      2014/11/22

Google or AdMax Promotion(it)

Google™AdSenseをサイトに設置していて、他社の広告も表示したいと思うこともあるでしょう。
Web上には古いコンテンツも多く存在していますので、NGという記載を見かける場合もあるでしょう。

しかし「Google™AdSenseと他社広告の共存は問題ない」と言い切れるだけの
ソースに行き着くことができましたのでご紹介しておきます。

はじめに

以前、同じような内容の投稿を行いました。
その際には、Googleコミュニティーなどの投稿から「おおむね問題ない」という記述をしました。
GoogleAdSenseと他社広告の共存は一応問題ないようだ

しかし、偶然Googleさんの明確な見解が記載されたサイトに出会うことができました。

ここで言うところの他社広告とは、以下のようなものです。

  • amazonアソシエイト
  • 楽天アフィリエイト
  • 楽天LinkShare
  • TG-アフィリエイト
  • 忍者AdMax
  • A8.netアフィリエイト
  • ValueCommerceアフィリエイト など

Google™AdSenseと他社広告の共存は問題ない

さて、問題ないと言い切ってしまえるだけのソースとは以下のようなページです。

AdSense と他の広告ネットワークを併用する – AdSense ヘルプ (抜粋引用)

お申し込み時の条件

既に他の広告ネットワークに参加している場合の申し込み

Google 以外の広告を Google の広告と一緒に表示する方法については、いくつかのガイドラインが設けられています。 アフィリエイト リンクや制限付きのテキスト リンクは一緒にご利用いただけます

お客様のページに既に広告ネットワークによって Google の広告が表示されている場合も、AdSense プログラムに参加して広告を掲載することができます。サイト運営者様は、任意のウェブページに標準的な Google の広告ユニットを 3 つまで表示することができます。

ただし、Google の広告を直接掲載することによって、お客様の広告ネットワークとの間に生じる可能性のある契約上の問題については、お客様の責任で解決していただくことになるのでご注意ください。

ガイドラインに準拠することで、利用できますと明確にうたっています。

このページはAdSenseの新規申し込みを行う際の「お申し込み時の条件」ページに
表示されたリンクから確認ができるのですが、
探しているときには見つからないのが不思議なもんだなと思います。

なお、ガイドラインに関しては直接リンク先をご確認いただければと思いますが抜粋を行っておきます。

広告の配置に関するポリシー – AdSense ヘルプ (一部抜粋)

同一ページにおける Google 広告とその他の広告の同時掲載

他社の広告のフォーマットや色が Google 広告と明らかに異なっていれば、その広告と同じサイトやページに Google 広告を表示しても問題ありません。Google 広告を掲載するサイトやページに Google 以外の広告を掲載する場合は、その広告が別の広告配信ネットワークから提供されるもので Google とは一切関係ないことをユーザーに明示する必要があります。フォーマットが似ている場合は異なる配色をお選びください。

このポリシーは、広告主様にできる限り公平を期すとともに、AdWords と AdSense プログラムの一貫性を保つためのものです。このポリシーを含む AdSense ポリシーの全文については、プログラム ポリシーのページをご覧ください。なお、他社の広告もサイトのコンテンツの一部として見なされるため、AdSense のポリシー ガイドラインに準拠する必要があります。

このように、明確に掲載可能であることが記載されていますので、
安心して他社広告との併用を行って運用していくことができます。

OK=安心ではない

当然ながら、前回の投稿で記載した際の注意点については、
これまで通り、運営者として遵守していく必要がありますので、ご注意ください。

GoogleAdSenseと他社広告の共存は一応問題ないようだ

  • 他社広告もコンテンツの一つ
  • コンテンツ連動の仕組みに依存する

そうしたことから、AdSenseと他社の配信型広告の併用時には配信される広告の内容にも、
責任を持って運用する必要があります。

たとえば以下のような場合です。

無料ブログに対してGoogle™AdSense広告を表示する危険性とリスク

GoogleAdSense導入サイトではZenbackの利用は難しそうだ

プロモーション(btm)

Google or AdMax Promotion (it)

さいごに

Google™AdSenseでは「1個人」に対して門扉を開けてくれており、
法人にかかわらずこうしてサービスを利用させてくれる画期的なサービスです。

その分、責任を持って運用をおこなっていかなければ、
AdSenseの利用を断られることにもつながります。

どうやって運用することで問題なく運用をしていけるのかという点をしっかりと読み、考えて運用していきたいものです。


*本ページ内に記載されされた各社ブランド、サービス名、商標、登録商標については、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認ください


最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン


役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

QRコードからもこのURLを開けます。

Pitta Promotion

アイキャッチ画像に利用させて頂いております、各社ブランドのロゴやシンボルに関しては、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認頂けますようお願い致します。
ロゴの使用等に関する苦情・ご意見等がございましたら管理者までご連絡ください。

AdMax Promotion

カテゴリ
すべて展開 | すべて省略

Rakuten Promotion

 - AdSense ,

  関連記事