頑張らない!でも諦めない!必死にならずにええかげん

Google™AnalyticsのUniversalAnalyticsベータ終了(公開)に伴う移行手順

      2014/11/22

Google or AdMax Promotion(it)

GoogleAnalyticsのプロパティーにはこれまで標準アナリティクスと
ユニバーサル アナリティクス(UniversalAnalytics Beta)がありましたが、
本日(2014/04/17)にUniversalAnalytics が一般公開となったと、
GoogleAnalyticsの画面に表示されるようになりました。
ここでは標準アナリティクスを利用されているプロパティーを、
ユニバーサル アナリティクス(UniversalAnalytics)に移行する手順をご紹介しておきます。

はじめに

GoogleAnalyticsの画面にユニバーサル アナリティクスへの移行を進めるアナウンス表示が、
アナリティクス設定に表示されるようになりました。

ユニバーサル アナリティクスにアップグレードする

ユニバーサル アナリティクスはベータ版での提供を終え、どなたでもアップグレードしてご利用いただけるようになりました。

ユニバーサル アナリティクスでは、Google アナリティクスのすべての機能(プレミアム サービス レベル契約や、DoubleClick を利用したリマーケティングといった機能など)をご利用いただけます。

プロパティをアップグレードしましょう。それには、[アナリティクス設定] をクリックしてください。

01_アップグレードアナウンス

アップグレードアナウンス

これまで私は無料ブログサービスなどを利用する際に、
無料ブログサービスの仕様に合わせて標準アナリティクスのトラッキングコードを出力するブログには、
標準アナリティクスのトラッキングプロパティーを割り当てていました。

しかし、以前以下の投稿で、標準アナリティクスが勝手にユニバーサル アナリティクスに
移行されている症状に出会いました。
Google™Analyticsの標準アナリティクストラッキングコードがUniversalに既にアップグレードされていた件

その為、現在も標準アナリティクスとしてプロパティーが残っている方は少ないのかもしれませんが、
念のため移行方法をご紹介しておきます。

なおGoogleAnalyticsをまだ利用されていない場合には、GoogleAnalyticsを利用されてはいかがでしょう。
GoogleAnalyticsの新規ユーザー登録

ユニバーサル アナリティクスプロパティーの作成方法を以下でご紹介しています。
GoogleAnalyticsのユニバーサルアナリティクスコードを取得する(追加)

そもそもGoogleアカウントさえまだ持っていないというお方はアカウントの取得から必要になります。
Google™アカウントの登録手順

作成したアカウントは削除することもできますし、削除アカウントを復旧することもできます。
Google™アカウントの削除手順
削除済みGoogle™アカウントの復旧手順

標準アナリティクスは新規作成不可

今回のユニバーサル アナリティクス一般公開に伴って、
プロパティーの新規作成を行った際の画面構成が変わりました。

これまではユニバーサル アナリティクスと標準アナリティクスの選択が行えましたが、
現在は選択肢は表示されなくなっています。

02_プロパティーの作成(現在)

プロパティーの作成(現在)

ベータ公開のころは以下のように選択ができました。

03_プロパティーの作成(ベータ時期)

プロパティーの作成(ベータ時期)

標準アナリティクスのプロパティー表示

標準アナリティクスのトラッキングプロパティーを採用している場合、
アナリティクス設定のプロパティーには以下のようにアップグレードを促すメッセージが表示されます。

04_標準アナリティクスプロパティー

標準アナリティクスプロパティー

このアップグレードアナウンスのページよりユニバーサル アナリティクスへの移行が行えます。

ユニバーサル アナリティクスへの移行

アップグレードアナウンスのページを開くと、移行の説明と[移行]ボタンが表示されます。

ユニバーサル アナリティクスに移行

[移行] をクリックして、このプロパティをユニバーサル アナリティクス処理テクノロジーに移行します。ここで必要な作業はこれだけです。

Google アナリティクスでは、移行処理に 24~48 時間ほどかかります。
引き続き品質の高いデータを収集するために、移行が終了するまではトラッキング コードに変更を加えないでください。

移行が終了すると、古いトラッキング コード(ga.js)で収集したデータは、ユニバーサル アナリティクス テクノロジーで処理されます。ユニバーサル アナリティクスの利点を大いに活用するには、新しいトラッキング コード(analytics.js)を導入してください。

移行前に収集したデータは保存され、引き続きレポートでも利用できます。

この移行プロセス説明から標準アナリティクスのトラッキング コード(ga.js)が、
ユニバーサルアナリティクス側で下位互換性を持って処理されていることが分かります。

05_アップグレードプロセス

アップグレードプロセス

[移行]ボタンを押すことで移行プロセスが開始されます。
なお、一旦ユニバーサル アナリティクスへ移行すると戻すことはできませんのでご注意ください。

06_移行の最終確認画面

移行の最終確認画面

今回、唯一残った標準アナリティクスのプロパティーの為、
実際に移行プロセスの開始は行いませんが、ワンクリックで移行を開始することができます。

詳細については、ユニバーサル アナリティクス アップグレード センターをご覧ください。

標準アナリティクスの画面構成

既にユニバーサル アナリティクスを利用されていると思いますが、
標準アナリティクスの画面構成とユニバーサル アナリティクスの画面構成は異なっています。

標準アナリティクスをこれまで利用していて、ユニバーサル アナリティクスへの移行後に、
画面変更に戸惑いが出た場合には、以下の投稿で標準アナリティクスの画面を残していますので、
見比べて問題解決に役立ててもらえたらと思います。

プロモーション(btm)

Google or AdMax Promotion (it)

さいごに

ずっとベータ公開されてきたユニバーサル アナリティクスですが、
ベータという響きから外部のサービスやプラグインが標準アナリティクスにしか
対応していないものも多くあります。

ベータといったもののこれまでも本運用可能なものであるかの位置づけで、
ユニバーサル アナリティクスが公開されていましたので、位置づけが微妙でした。

これで正式に外部のサービスもユニバーサル アナリティクス一本で統一されてくることでしょう。


*本ページ内に記載されされた各社ブランド、サービス名、商標、登録商標については、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認ください


最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン


役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

QRコードからもこのURLを開けます。

Pitta Promotion

アイキャッチ画像に利用させて頂いております、各社ブランドのロゴやシンボルに関しては、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認頂けますようお願い致します。
ロゴの使用等に関する苦情・ご意見等がございましたら管理者までご連絡ください。

AdMax Promotion

カテゴリ
すべて展開 | すべて省略

Rakuten Promotion

 - Analytics

  関連記事