頑張らない!でも諦めない!必死にならずにええかげん

Google™AdSenseの2次審査 当時のサイトアクセス数

      2014/11/22

Google or AdMax Promotion(it)

Google™AdSenseの1次審査に通過し、
いざ2次審査を始めようというタイミングで「既定のインプレッション」が求められます。
インプレッションとは「表示回数」のことですが、
実際、2次審査に必要なインプレッションはどのくらいでしょうか。

はじめに

私がこのサイトを始めてからまだ半年ちょっとしか経っていません。
最初の頃は、仕事でイントラのWebサイトなどは構築していましたが、
オープンサイトは初めてで、いろいろと困惑していたものです。

こと、AdSenseに関しても、話には聞いていたものの、
実際にやってみると分からないことばかり。

不安の連続でした。

ちょっと記憶をたどりながらですが、
Googleさん2次審査が開始されたころのアクセス数をご紹介しておきます。

尚、Googleの審査にかかる時間については以下の範囲で公開されています。
サイトで Google の広告掲載が開始されるまでの時間 – AdSense ヘルプ

尚、2次審査にあたって広告スクリプトコードが、
正しく貼れているかの確認については、以下を確認するといいでしょう。
広告ユニットが表示されない場合に広告コードが正しく配置されているか確認する – AdSense ヘルプ

2次審査の開始

1次審査の通過の連絡を頂いたのが、2013年5月20日でした。

その日から、2次審査が開始される(できる)わけですが、
私の場合はすぐに広告コードを貼り付けたわけではありませんでした。
はい、しばらく寝かしていました。

というのも、当時のインプレッションが少なかったこともあり、
すぐにサイトに広告を貼っても意味がないだろうと感じていたためです。

逆にその程度のコンテンツ数で1次審査は通過させて頂くことができます。
内容に問題がなければですが。

当時の状態

当時の投稿数は、以下のような状態でした。

  • 4月-11 投稿
  • 5月-21 投稿
  • 6月-4 投稿
  •  計-36 投稿

インプレッションでいえばwordpressのアクセス統計は以下の状態です。

  • 4月-179 pv (5.9 pv/day 平均)
  • 5月-676 pv (22.5 pv/day 平均)
  • 6月-838 pv (27.9 pv/day 平均)

ちなみに、GoogleAnalyticsによるアクセス解析のPV数と、
wordpressのアクセス統計を比較すると、
およそ2割ほどGoogleAnalyticsによるアクセス解析のPVが少ないことから、
上記のPV数に関しても有効なインプレッションは8割程度ではないでしょうか。

GoogleAdSenseのインプレッションは広告数の倍数で表示されますが、
こちらも広告数で割って算出すると、さらに有効なPVは少なくなると感じます。

感覚的にはwordpressのアクセス統計の半分程度が、
GoogleAdSenseのインプレッションとして有効なPVで、
それに設置した広告数倍がGoogleAdSenseで、
表示されるインプレッションといったところでしょうか。(推測)

インプレッション開始

そもそも、wordpressのカスタマイズ作法もよくわからずに、
wordpressにどうやってAdSenseを導入するのが、
将来的なメンテナンスも考えていい方法なのかを模索したりしていました。

そして出した結果が2013年6月23日の以下の投稿でした。
WordPressサイドバーウィジェットにAdSenseユニットを追加

そして、実際に広告コードをサイトに設定しインプレッションを開始したのが、
2013年6月18日~19日ごろだったかなと記憶しています。

そして、2次審査の通過の連絡を頂いたのが、2013年6月21日でした。

広告コードを貼り付けてから、
2次審査の通過までは、2~3日程度だったと記憶しています。

6月の平均インプレッションを振り返ってみると、
28pv x (3~4日) ≒ 120 pv程度かなと思います。

仮に1週間かかっていたとしても、210 pvですから、
実際に2次審査通過に必要なインプレッションは、
1000とか2000というオーダーではなく、100とか200といったオーダーです。

敷居は高くない

こうして考えると、1次審査、2次審査と実際に受け入れてもらえるのかという点で、
ドキドキと不安になってしまうこともありますが、
審査自体は、そう厳しいものではありません。

こと、求められるアクセス数に限って言えば。

むしろ、1次審査のコンテンツや著作権侵害コンテンツがないかといった、
内容の審査で通過しないといった点の方が多いことと思います。

通過してからが大切

ことAdSenseで言えば、むしろ通過してからが大変だと私は思います。

2次審査に通過したことが「= OK!」ではないからです。

「とりあえず、OK」なんだと私は思っています。
要は「害はないだろう」といった力加減で通過したにすぎないと思うのです。

それは、以下の投稿でご紹介していますが、
私の場合、プライバシーポリシーが存在しない状態で2次審査を通過しました。
GoogleからGoogleAdSense(収益化)ポリシーで必ずやるように言われていること

これは、AdSenseのポリシーに準拠していません。
準拠しない状態で通過したのです。

ではなぜ通過したのでしょう。

「時間を与えるから修正しておけ」という意味だったと私は思っています。

インプレッションや収益に目が行きがちのAdSenseですが、
通過した後も、継続的にポリシーに準拠した運営を行っているかを確認していく。

そういう姿勢が大切なのだと思います。

Google™はGoogle Inc. の登録商標(第4478963号及び第4906016号)です。
GoogleロゴはGoogle Inc. の国際登録商標です。
国際登録番号:881006及び926052及び1086299及び1091990及び1145934
Google AdSense™,AdSense™はGoogle Inc. の登録商標(第4899412号)です。
Google Analytics™はGoogle Inc. の商標です。

*本ページ内に記載されされた各社ブランド、サービス名、商標、登録商標については、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認ください


最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン


役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

QRコードからもこのURLを開けます。

Pitta Promotion

アイキャッチ画像に利用させて頂いております、各社ブランドのロゴやシンボルに関しては、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認頂けますようお願い致します。
ロゴの使用等に関する苦情・ご意見等がございましたら管理者までご連絡ください。

AdMax Promotion

カテゴリ
すべて展開 | すべて省略

Rakuten Promotion

プロモーション(btm)

Google or AdMax Promotion (it)

 - AdSense , ,

  関連記事