頑張らない!でも諦めない!必死にならずにええかげん

Google™Chrome(グーグルクローム)で最初のユーザーに入れない場合の対処法

      2014/11/22

Google or AdMax Promotion(it)

Google™Chromeを利用していて複数のユーザーで利用している場合に、
最初のユーザーのショートカットを消してしまったりして、
最初のユーザーにログインができなくなってしまった場合の対処法をご紹介します。

最初のユーザーで起動

Chromeをインストールして最初にGoogleアカウントでログインしたアカウントが、
最初のユーザー(Default)としてプロファイルが作成されます。

その後、アカウントを追加していくことで、プロファイルが増えていくようになります。

単純に最初のユーザーを指定してChromeを開く場合には「ファイル名を指定して実行」を開きます。

01_ファイル名を指定して実行

ファイル名を指定して実行

「ファイル名を指定して実行」ウィンドウに対して、以下のように入力します。
–profile-directory=”Default” と指定している部分が最初のユーザープロファイルです。

02_デフォルトプロファイルを指定

デフォルトプロファイルを指定

実行すると以下のように最初のユーザーでChromeが開きます。

03_Chromeの起動

Chromeの起動

プロモーション(btm)

Google or AdMax Promotion (it)

ショートカットの再作成

とはいえ、毎回この方法で起動するのも面倒なので、ショートカットを作成します。
上記で開いた最初のユーザーでGoogleアカウントにログインしてから、
Chromeの右上の[≡]をクリックし[設定]を選択します。

表示された設定メニューで現在ログインしているユーザー(最初のユーザー)に、
(現在)と表示されているはずです。
この最初のユーザーの行をダブルクリックします。

04_設定からプロファイルの確認

設定からプロファイルの確認

「ユーザーを編集」ポップアップ画面にて[デスクトップショートカットを追加]ボタンをクリックします。

05_ユーザーを編集からショートカット作成

ユーザーを編集からショートカット作成

デスクトップにショートカットが作成されます。

06_作成されたショートカット

作成されたショートカット

アカウント別のその他の利用方法

複数のアカウントショートカットがデスクトップにあることと思いますが、
アカウントごとにChromeを起動して作業をする内容も異なっているでしょう。

起動時ページの活用

起動時に決まったページを事前に一気に開いておいた方が便利な場合もあると思います。

Chromeの起動ページを設定する方法は以下でご紹介しています。

こうして設定しておくと、起動時に登録したすべてのページが開かれます。

指定したページのみ開く方法

起動時ページに多くのページを指定している場合、
メールだけ確認したいのに、Chromeを開くとすべてのページが起動するので億劫になる場合もあります。

Gmailだけ起動したい、Taskだけ起動したい、そんな場合です。

そんな時には指定したページだけを開くショートカットを作っておくと便利です。

シングルユーザー編

マルチユーザー編


ちょっとしたことですが、Chromeの便利な機能を使いつつも
急ぐ場合には指定した目的のページだけを開くことができて非常に便利です。

GoogleタスクをChromeで起動

Googleタスクを利用している場合には、
Chromeで全面表示するとタスク内を検索できたり、編集がしやすかったりします。

同じテクニックを利用していますが、指定したユーザーのTaskのみを開かせるショートカットも作成できます。


*本ページ内に記載されされた各社ブランド、サービス名、商標、登録商標については、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認ください


最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン


役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

QRコードからもこのURLを開けます。

Pitta Promotion

アイキャッチ画像に利用させて頂いております、各社ブランドのロゴやシンボルに関しては、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認頂けますようお願い致します。
ロゴの使用等に関する苦情・ご意見等がございましたら管理者までご連絡ください。

AdMax Promotion

カテゴリ
すべて展開 | すべて省略

Rakuten Promotion

 - Google

  関連記事