頑張らない!でも諦めない!必死にならずにええかげん

捕虫器で捕獲できない害虫をどうしていますか?

   

Google or AdMax Promotion(it)

家庭菜園などをしていると本当に様々な害虫に出会います。
屋内の飛来害虫はエプシロンエコMAX30に完全に任せきりでいいのですが、
こと屋外の畑となるとそうもいきません。
高電圧の殺虫器をつり下げれば電撃音が夜中じゅう響き近所迷惑です。
菜園の害虫を捕獲して殺虫している自分なりの方策をご紹介します。

 

捕虫器で捕獲できない害虫の捕獲手段

捕虫器は飛来害虫の駆除には効果テキメン。
点灯しておくだけで気づかないうちに次々に捕獲してくれます。

 

しかし菜園での害虫は様々。
飛来するものもあれば、卵からふ化した毛虫の類もいます。

そんな時に見つけ次第捕獲するのに私が利用しているのが、

ピンセット、おちょこ、ガスバーナーの3点セットです。

 

この3点セットを使うと、
ピンセットで葉を裏返したり、青虫をつかんだりして手に触れることなく捕獲できます。

green-caterpillar_st02

確保・アオムシ被害

 

ピンセットでつかめないような昆虫は、
進路側におちょこを構え、後ろからピンセットで突いたりすれば、
自然にオチョコの中に入ってくれます。

small-cup_st05

おちょこに落とし込んで捕獲

 

そして一旦、オチョコに入ってしまえば、
纏めてポンと地面に裏返して、害虫を一か所に纏めてすべて取り出すことができます。

small-cup_st02

場合によっては登ってきます

 

一か所に纏めた害虫を最後の少し残酷な処理にはなりますが、
焼却処分しています。

small-cup_st03

地面上で追悼の儀

 

 

実際、殺虫剤で処理しても、踏みつけたりしても、
結局の結論は同じです。

高温のバーナーでものの1秒も苦しむことなく、
殺虫することができ、かつ、炭化させることができますので、
焼いた後の処分は土に還ることになります。

 

正直、この3点セットで毛虫もアオムシもカメムシも、
大抵の害虫は一切触れず、簡単に捕獲・殺虫をすることができています。

*本ページ内に記載されされた各社ブランド、サービス名、商標、登録商標については、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認ください


最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン


役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

QRコードからもこのURLを開けます。

Pitta Promotion

アイキャッチ画像に利用させて頂いております、各社ブランドのロゴやシンボルに関しては、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認頂けますようお願い致します。
ロゴの使用等に関する苦情・ご意見等がございましたら管理者までご連絡ください。

AdMax Promotion

カテゴリ
すべて展開 | すべて省略

Rakuten Promotion

プロモーション(btm)

Google or AdMax Promotion (it)

 - オフレコ

  関連記事