頑張らない!でも諦めない!必死にならずにええかげん

分娩監視装置(陣痛モニタ)の動画と胎児心音の例

      2014/11/22

Google or AdMax Promotion(mat)

分娩監視装置を実際に取り付けられたばかりの妻の横で、
分娩監視装置を動画でおさめたものをご紹介します。
短いものですが、胎児の心音などが聞き取れることが分かります。

出産の不安を少しでも

私たちも出産という初めての経験に夫としてなにができるのかを、
日々模索しながらのお産経験をしましたが、
日々の生活よりもやはり、いざ出産となった時には違った緊張感があります。

一緒にそばに付いていて思うのは出産は命がけの仕事なんだなと実感したことでした。

そんな大変な時であっても、
分からないことを一つでも事前に減らしておくことは不安をちょっとでも軽くしてくれます。

プロモーション(btm)

Google or AdMax Promotion (mat)

分娩監視装置

この分娩監視装置というものに関しても、
知ったからと言って何が分かるわけでもないかもしれません。

しかし、こういうものを陣痛室内で付けてもらうんだと準備しておくことができると思います。
もし、付けてくれなかったら「付けないんですか?」とちゃんと言えると思うんです。

分娩監視装置とはどのようなものか、ググっていただければわかるとは思います。

分娩監視装置
分娩監視装置の例(引用:http://www.nipon.co.jp/ より)

私たちの場合、妊婦の腹部にセンサーを2個取り付けるタイプのもの(だったと思う)でしたが、
腹部から胎児の心拍と陣痛の強さ、陣痛周期を測り表示する機器です。
以下は実際に妻につけられたものです。

01_分娩監視装置

分娩監視装置

詳しい説明などを受けたわけではありませんし実体験に基づくものですが、
この装置はあくまでも「目安」といった意味合いで、
必ずしも正確な値が出ている印象ではありませんでした。

ちゃんとデータが取れているかのわかりやすい部分として、
陣痛の強度数値と妊婦の痛がり方が一致していることが一番判断しやすい部分かと思います。

表示された値は見たままですが、
一番左の部分に「胎児の心拍数」が表示されます。

02_胎児心拍数

胎児心拍数

真ん中の表示は「陣痛の波の間隔」を示しています。
この辺も概ね目安といった感じです。

03_陣痛周期

陣痛周期

一番右には「陣痛の強さ」が数値化されて表示されます。
大きな値で痛がっているときもあれば、そうではない場合もあり、
8割ぐらいは強さと痛さが一致しているような印象でした。

04_陣痛強度

陣痛強度

何よりも重要なのは、この装置のスピーカーより聞こえてくる胎児の心拍です。

「胎児の心拍数」に値が出ているのですが、
稀に0表示になったり、大きな値が表示されたりとばらつきがあります。

心拍音も常に聞き取れるわけではありませんが数値よりも安定して聞き取れていた印象です。
表示された値と、音とをしっかりと聞きながら、
自分達でも生まれてくるまでしっかりとモニタしていくのが大切だなと感じました。

というのも、実際の監視体制が万全ではない場合があるためです。
詳細は以下でご紹介しています。

実際の動作例

分娩監視装置の実際の動作状況は動画を少しだけ撮影したのですが、
自分も介助している側でしたので、ゆっくりと撮影している場合ではありませんでした。

その為、以下のように短いものになってしまいましたが、
胎児の心音などが聞こえる様子は感じて頂けると思います。

さいごに

このように分娩監視装置を付けられたときに、
こういうものだと知っておくことで、陣痛の厳しい状況でも動揺することなく対応できると思います。


*本ページ内に記載されされた各社ブランド、サービス名、商標、登録商標については、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認ください


最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン


役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

QRコードからもこのURLを開けます。

Pitta Promotion

アイキャッチ画像に利用させて頂いております、各社ブランドのロゴやシンボルに関しては、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認頂けますようお願い致します。
ロゴの使用等に関する苦情・ご意見等がございましたら管理者までご連絡ください。

AdMax Promotion

カテゴリ
すべて展開 | すべて省略

Rakuten Promotion

 - 出産 ,

  関連記事