頑張らない!でも諦めない!必死にならずにええかげん

DNSサーバのレコードを更新した後に正しくアクセスできない場合の確認手順

      2014/11/22

Google or AdMax Promotion(it)

DNSの設定を変更してサイトに独自ドメインなどを設定したのちに、
ブラウザでアクセスしてもうまく表示されない場合に確認を行う手順と、
実際に表示が行われるようにDNSを更新する手順についてご紹介します。

DNS設定の更新後の確認

DNSの設定を行った際にレジストラで設定の更新が完了しましたと表示され、
更新されているはずなのにブラウザでアクセスしてもうまく表示されないってことはよくあると思います。

そんな時には「24時間~72時間かかる場合があります。」だから仕方ないかと思ってしまいます。
確かにそんな場合もありますが、基本的にはすぐにアクセスできるはずです。

ここではお名前.comで取得して、お名前.comのDNSサーバを利用している場合で、
DNSレコードを追加したような時に更新がちゃんと行われているかを確認します。

また本投稿は以下の投稿で行った確認作業の方法になります。
livedoor™ブログへの独自ドメイン指定する場合のwwwなしで設定する手順(お名前.com編)

設定の確認

今回独自DNSwp利用するにあたってのそれぞれの設定は以下の通りです。

レジストラ(ドメイン取得・管理)のDNSサーバ

お名前.comのDNSサーバは一般的には以下のサーバが利用されています。

  • 01.dnsv.jp
  • 02.dnsv.jp
  • 03.dnsv.jp
  • 04.dnsv.jp
livedoorブログ側のDNSサーバ

今回はCNAMEAレコードにてlivedoorブログに対して独自ドメインを設定する例でご紹介します。

通常、livedoorブログに対して独自ドメインを割り当てる場合には、以下のDNSサーバをCNAMEに設定しますが、
ここでは、サブドメインのホスト名を省略した形で設定を行うために、Aレコードを利用しています。

  • blog-01.livedoor.jp(モバイル版はmobile-blog-01.livedoor.jp)
livedoorブログに割り当てるドメイン名

今回livedoorブログに対して割り当てるドメインは以下のドメインを利用する例とします。
※取得したはいいが[adsense]ってキーワードを含んでるので、実質使い道がないため実験用に・・・(笑)

  • adsenser.info

実際にお名前.comに対してAレコードを設定した場合以下のように設定が確認できます。

24_Aレコードの追加設定完了

Aレコードの追加設定完了

設定の答えを確認

設定を行った結果を確認する前に「どうなるべきか」ということを確認します。
まず独自ドメインを割り当てる前のブログ標準ドメイン(blog.livedoor.jp)のIPアドレスを確認します。
例)http://blog.livedoor.jp/algorhythnn/ <標準ドメインによる公開>

コマンドプロンプトにて、以下のように入力します。
ここではパブリックDNS(8.8.8.8)を利用しています。

Enterを押し実行すると以下のように戻ってきます。

19_blog.livedoor.jpのIPアドレス確認

blog.livedoor.jpのIPアドレス確認

ここに表示されている「125.6.190.6」が「blog.livedoor.jp」のIPアドレスです。
こうしたサービスがIPがころころ変わるとは考えにくいので概ね固定IPを利用しているはずです。

独自ドメインを割り当てた場合もIPアドレス 「125.6.190.6」に対して、
「adsenser.info」でアクセスすることでブログが表示されるということです。

逆を言えば、「adsenser.info」でIPを確認すると「125.6.190.6」が求められるようになっている必要があります。

DNSを設定したすぐにローカル環境で確認

DNSを設定してすぐに今利用しているPC上で「adsenser.info」のIPアドレスを求めてみます。

01_ローカル環境でnslookup

ローカル環境でnslookup

コマンド例

私の環境ではAD/DNSを導入したドメインネットワーク環境の為、
普通にnslookupを行うと、ローカルエリア内のDNSからIPアドレスが返されます。

ここでは以下のように返されています。

  • park.onamae.com
  • 210.157.1.134

お名前.comのサーバであることが分かります。
これは当然ですが「blog.livedoor.jp(125.6.190.6)」とは異なっています。
結果として、http://adsenser.info/にアクセスすると、以下のようなページが表示されます。

06_DNSレコード未設定時

DNSレコード未設定時

これは意図している動きではありません。

実際にDNSを設定したサーバに問い合わせ

ローカル環境ではDNSが古い状態であることから、
DNSにAレコードを追加したDNSサーバに対して直接問い合わせを行って確認してみます。
※「登録完了」と処理した時点でお名前.comのDNSは更新されています。

02_レジストラDNSサーバ指定でnslookup

レジストラDNSサーバ指定でnslookup

コマンド例

正しく「blog.livedoor.jp(125.6.190.6)」が返されています。
まず、DNSサーバ自体の更新は正しくは反映されています。

更新の早いDNSサーバで伝播の確認

更新の早いDNSサーバといえばGoogleのパブリックDNSがあります。
IPアドレスで言えば、8.8.8.8や4.4.4.4といったサーバです。

実際にこのサーバに対してもnslookupを行ってみます。

03_パブリックDNSサーバ指定でnslookup

パブリックDNSサーバ指定でnslookup

コマンド例

正しく「blog.livedoor.jp(125.6.190.6)」が返されています。
さすがGoogleパブリックDNSというぐらいの早いタイミングで更新されているのが確認できます。

これで、DNSサーバとしてお名前.comのサーバやパブリックDNSを参照しているのであれば、
正しくアクセスが行える(ドメインの設定が問題ない)ことが確証を持てます。

後はそれぞれのプロバイダーなりのDNSサーバーが古いキャッシュを破棄して、
新しくDNSレコードを更新してくれれば大多数の人が正しくアクセスできるようになるでしょう。

とは言ったものの、自分が確認をできないと困るので、ローカル環境のDNSを更新する必要があります。

DNSを設定したすぐにローカル環境の更新と確認

通常は自宅にDNSサーバがあることは少ないとは思いますが、
もしDNSサーバがある場合には、DNSサーバ自体のDNSキャッシュを削除します。

04_DNSサーバのキャッシュ削除

DNSサーバのキャッシュ削除

次に、ローカルPCでもDNSキャッシュを削除します。

05_PC上のキャッシュ削除

PC上のキャッシュ削除

コマンド例

これでDNS情報の更新が行われたはずですので、再度ローカル環境でnslookupを行います。

06_ローカル環境でnslookup

ローカル環境でnslookup

コマンド例

こうしてローカル環境で正しくIPアドレスの取得が行えましたので、
これで(少なくとも自分のPCでは) 正しくアクセスが行えるようになっているはずです。

livedoorブログのwwwの有無による違い

wwwの有無についての記述などをヘルプなどで見かけることもあるでしょう。
このwwwは、wwwという文字にこだわる必要はありません。
ドメイン名(http://domain.com/)でアクセスするのか、
サブドメイン名(http://XXXXX.domain.com/)でアクセスするかの違いです。
一般的には、この「XXXXX」の部分をWebページでは「www」とすることが多いだけです。

livedoorブログでは独自ドメインを設定した際に、
wwwに関しては省略してアクセスが行えるように転送設定が自動でされます。
※自動で登録されたはずと思います、気が付いたら登録されていました。

07_wwwなしURL転送設定

wwwなしURL転送設定

その為、wwwなし(http://adsenser.info/)でアクセスを行っても、
すぐにwwwが補完されたURL(http://www.adsenser.info/)へリダイレクトされます。

逆を言えば自動か手動かにかかわらず「転送設定は必要」ということです。
なければ追加してしまいましょう。

08_サイトの表示

サイトの表示

さいごに

このようにして、自分のPCからDNS設定したサイトにうまくアクセスできない場合には、
DNS設定を行ったDNSサーバが正しく設定されていることを確認し、
その後に、ローカルのネットワーク環境のDNSを更新し、最新に設定するといいでしょう。

単純に、ネットワーク設定で利用するDNSを以下のように設定してしまうのも一つですが、
そうした場合、LAN内の他の端末やファイルサーバが見なくなってしまいますので、ご注意を。

  • プライマリDNS: 8.8.8.8
  • セカンダリDNS: 4.4.4.4

私は、通常以下のように利用しています。

  • プライマリDNS: 自宅のネットワークドメインのDNSサーバ(192.168.1.200など)
  • セカンダリDNS: WiFiのIPアドレス(192.168.1.1など)

DNSの設定作業などが必要な際は、WiFiを再起動してしまうのも一つですが、
プライマリDNSを一時的に、8.8.8.8などに更新してから、
コマンドプロンプトにて「ipconfig /flushdns」と打ってローカルのDNSキャッシュを削除しています。

これで、ブラウザにアクセスすれば、
新しくDNSを参照して最新のDNS情報でアクセスが行える場合が多いです。

関連する内容は以下でご紹介しています。
DNSを誤って設定しまいアクセスできない事態に極力早くアクセスできるかも方法

実際DNSの設定を誤って自サイトにアクセスができない状況を発生させてしまった際に、
サイト全体にどのような影響がでたのかを、以下でご紹介しています。
DNS障害の被害と影響の甚大さを痛感いたしました


*本ページ内に記載されされた各社ブランド、サービス名、商標、登録商標については、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認ください


最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン


役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

QRコードからもこのURLを開けます。

Pitta Promotion

アイキャッチ画像に利用させて頂いております、各社ブランドのロゴやシンボルに関しては、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認頂けますようお願い致します。
ロゴの使用等に関する苦情・ご意見等がございましたら管理者までご連絡ください。

AdMax Promotion

カテゴリ
すべて展開 | すべて省略

Rakuten Promotion

プロモーション(btm)

Google or AdMax Promotion (it)

 - ネットワーク

  関連記事