頑張らない!でも諦めない!必死にならずにええかげん

子供にauIDを持たせつつ、auかんたん決済などの課金機能を制限する方法

      2014/11/22

Google or AdMax Promotion(it)

auIDの仕組みをいろいろと確認していて、MasterCard付きのプリペイドカードが発行できて、
auポイント(au WALLETポイント)を電子マネーにチャージして、
実店舗で利用ができたり便利そうなのですが、これはあくまでも自分が使う場合です。
子供にau携帯(スマホ)を持たせている場合に、どうしようかという悩みが出てきます。

auIDは使えないと不便

auIDに関して、これまで2段階認証の方法や、
au WALLETの登録などの投稿をしてきました。

auIDにログインして初めて利用できる機能だったりがあって、
auとしてはこのauIDを使って限度額の変更などの権限を制御する方針なのだと思います。

その為、原則auIDは個人のものではあるけれど、
基本的には保護者が管理する中で利用するということだと思います。

auIDによる認証が必要な機能が多くなっている

これまでは4桁のパスワード入力だけで、メールアドレスの変更なども行えましたが、
現在では基本的にauIDにログインした状態で、
auお客さまサポートなどにアクセスして、メールアドレスの変更などを行います。

PCなどから設定変更を行おうとauIDにブラウザからアクセスすると、
またそこでもauIDの2段階認証を求められたりします。

 

auのサービスで何か変更をしようと思った際にはauIDが必要な状態です。

そんな中、auIDを代表契約に一本化してすべて統合してしまっては、
あまりにも不便なことが多くなってしまう印象です。

プロモーション(btm)

Google or AdMax Promotion (it)

auIDは子供に持たせるには権限が強すぎる

配偶者など、一定の権限を持ってもらっても構わない人に対しては、
なんの問題もなくauIDを持って、管理してもらえばいいと思います。

ですが、子供などにauIDを管理させてしまうには、少し権限が強すぎる印象です。

ここが難しいところで、

auIDへのアクセスをさせて子供に一定のサービスの登録などを認めたとしても、
課金サービスまで自由に使えるようにしてしまうのはやはり問題なのではないかと思います。

auかんたん決済の危険性

課金サービスを利用する際に、危険なのがauかんたん決済です。

非常に簡単な手順で、au回線契約経由で支払を行うことができます。

以下は、楽天市場で、auかんたん決済を利用して購入した例です。

 

またauかんたん決済を利用するとWebMoneyなどにチャージをすることもできるようになります。

 

auかんたん決済を子供に利用制限する

auIDを子供に持たせている(アクセス可能)場合には、
当然、auIDからauかんたん決済で利用が可能な限度額の変更も許してしまうことになります。

 

これでは、子供自身が「限度額を超えたー」となった時に、
自分で限度額を変更してさらなる決済を重ねることも容易に想像が付きます。

そこで、auIDの利用は認めるがauかんたん決済の利用を認めないという方法です。

課金サービスに関しては一切許可しない形にします。

これは設定変更などを行うわけではありません。

auかんたん決済では一連の決済フローの中で必ず同じ画面が表示されます。

前述した楽天市場でも、WebMoneyでも同じです。

楽天市場のauかんたん決済

11_auかんたん決済確認と暗証番号入力

auかんたん決済確認と暗証番号入力

WebMoney購入時のauかんたん決済

11_auかんたん決済確認と暗証番号入力

auかんたん決済確認と暗証番号入力

どちらもauかんたん決済の、暗証番号入力画面です。

回線の暗証番号を教えない

auかんたん決済を実行するには、かならずこの暗証番号の入力が必要になります。

これだけで、auかんたん決済による決済を行う際には「一言声を掛けなさい」と、
親として課金するサービスに対しての許可、不許可の判断が子供に対してできるようになります。

このauかんたん決済と暗証番号についてはヘルプにも記載されています。

ガイド | au ID

暗証番号とは?

暗証番号とは、au携帯電話やSmartTVBoxのご契約時にご記入、またはau IDの登録時にお客様にお決め頂いた4ケタの数字です。 暗証番号は、ID連携/au IDログインやauかんたん決済をご利用の際、本人確認のために利用します。

※暗証番号は、auかんたん決済ご利用時に必要となる、重要な情報です。忘れたり、他人に知られないよう、安全に管理してください。

ここをうまく、親の管理とすることでauIDを知っているだけでは、
課金を自由にさせないように制限として利用することができます。

 

最近の子供は1枚上手かもしれない

ただ、子供も頭を使ってくる可能性があります。

auかんたん決済の画面を見せてきて「暗証番号入れて」と、
いつものように言ってくるかもしれません。

ほいほいと暗証番号を見えないように入力したとしても、

  • 入力した暗証番号を後から知ることができるように画面を録画しているかもしれません。
  • キーロガーを自分のAndroidに仕込んでおいて、暗証番号の入力を記録しているかもしれません。

結局暗証番号がバレてしまえば、後はやりたい放題で課金放題。

翌月の請求がとんでもない額で請求されるかもしれません。

ちなみにauかんたん決済の限度額は通常は、50,000/月となっています。

 

さいごに

完全に防ぐ方法はないわけで、

無駄遣いしないようにしっかりと教えることや、
無駄遣いしたら、翌月の小遣いを減らすとか、使いすぎを教えることがむしろ安全な方法だと思います。

危険なものを遠ざけることも一つですが、
危険なものや危ないものを触らせて、一度失敗をさせてみるという寛大さも必要なのかもしれません。


*本ページ内に記載されされた各社ブランド、サービス名、商標、登録商標については、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認ください


最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン


役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

QRコードからもこのURLを開けます。

Pitta Promotion

アイキャッチ画像に利用させて頂いております、各社ブランドのロゴやシンボルに関しては、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認頂けますようお願い致します。
ロゴの使用等に関する苦情・ご意見等がございましたら管理者までご連絡ください。

AdMax Promotion

カテゴリ
すべて展開 | すべて省略

Rakuten Promotion

 - au WALLET

Comment

  1. […] 子供にauIDを持たせつつ、auかんたん決済などの課金機能を制限する方法 […]

  関連記事